オラクルカード体験談

今日は911.
あの日も雲ひとつない晴天で、とても気持ちが良かったな〜。

当時の街の色、匂い、人々の表情。止まらない涙。

あの日にお亡くなりになった方々、遺族の方々、あの時、あの場所にいた人、

中継を見ていた人、あの痛ましい事件を知っている全ての命あるもの。

全てが愛と癒しで満たされますように。

I just pray for love and peace for all.

そんな日にこんな記事を書くなんて、とても個人的にだけど感慨深い。

さて、オラクルカード体験について。
(オラクルカードについては、こちら

ひょんなキッカケからなんです。

大体そんな感じなんですよね。全ては神様の采配ですから(笑)

まずはそのキッカケから。

11月にイラストレーターの友人と平日にWSイベントをすることに。

でも、イラストのWSって…う〜ん。プラ板?顔を描くコツ教える?かんたん絵本作り?

どれもなんだがパンチがイマイチ。

ということで、来年一緒に展示をする服飾作家さんにも協力を仰ぐことに。

彼女は、自宅でも色々なWSを開催していて、「縫う」ことに留まらず、

スピリチュアルなことへも造詣が深い。

そんな彼女からのオファーで、オーラが見える方とオラクルカードができる井爪利香さん

も絡めて、イラストとコラボできたら、面白そう!とご紹介していただいた。

そして昨日、オラクルカードの井爪利香さんとお会いして、

私も体験してみましたyo!

カードを切り始めると、切ってる間にボロっと落ちてしまうカードがあるそうです。

それをジャンピングカードと呼ぶそうです。

割と私の場合はそのカードが多いらしく?ポンポンと。

ちょっと何かが違うご様子で

利香さんも「あれ?なんか引きが強い???」ムムム。。。なぜだ!(笑)

それはさておき。

3枚のカードが目の前に置かれました。上の2枚はカードを切っていた際に出てきた

ジャンピグカードというものです(上の方が強く私に訴えたいこと…もはや警告に近いかも…)

さて、その3枚のカードから何がわかるとかというと、左から、少し前の過去の自分の状態。

真ん中が現在、右が2,3ヶ月後。

タロットカードと違うのは、その3枚のカードを見て、自分が感じることを伝えていくということ。

結果を申しますと。

自分がやること、やるべきこと、そのために乗り越えるべきことというのが、更に明確になり、

どうしても自分の中でわだかまりになっている事を解すヒントが与えられました。

多分、もういい加減その時期に差し掛かっているのでしょうね〜。

と言うかですね、「私なんて…もじもじ」と言っているのはエゴなゴミなわけで、

きちんと与えられたお役目を全うしないといけないのです。

なので、その「もじもじ」の原因となっている事案を解決して、

与えられた才能でやりたいとおもっている事=お役目を全うする。

と言う至ってシンプルな結果なのでした。

でもね、そのシンプルさって深い所ではわかっていても、色んな雑音や欲望がヘドロのように堆肥して見えなくなっちゃうんですよ〜。

だからこうやって客観的に自分を見ることは必要なんですね〜。

 

興味がある人は こちらをクリック

今ちょうどモニター価格ですぜ〜。少しでも「おや?」と思ったらやってみたらいいですよ。

だって、それ多分、潜在意識がノックしてるんだと思いますから〜。

11月のイベントでもお願いする予定なので、固まり次第告知致します★

 

 

 

 

 

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。