冬至と机と壁とわたし

冬到来。
真冬生まれということもあり、冬がとても好きです。

俗に言う水瓶座ですから。

さて最近、素晴らしい音楽家のお二方の演奏に乗せて、ライブペイントからのドローイングしました。

マルセロ木村さんのギターと

matsumonicaさんのハーモニカ。

会場は、西荻窪にあるcafe e bar copo do dia 

このお店は超一流ミュージシャンが普通に飲んだり食べたりして、知る人ぞ知るお店だったりする。

きっとこのお店のご夫婦がそんなご縁を引き寄せるんだろうと思う。

だってみんなイトー夫婦大好きだもんな。(私たち夫婦もイトー夫婦大好き!)

私はまだ3年ほどのお付き合いですが、このお店は引っ越してきた当時から見ていた◉◉

3年前の西荻ラバーズフェスでの「24人のイラストレーターズ展」にて、西荻案内所の奥秋さんにマッチングして個展をさせてもらってからのご縁。
(その節は本当にありがとうございます。というか、いつもありがとうございます!)

さて、そんなご縁もあり、ライブペイントをすることになったのですが。。。
その経緯はこちらから

ライブ自体は超絶技巧で変態な二人の演奏なもので、贅沢すぎるほどの空間でした。

見ている人も見ているだけでエネルギー使った!と言ってたくらい。

音楽はその瞬間でしかなく、だからこそ印象深く、聴覚のみならず他の器官と結びついて、

心に残るのだろうと思った。

それを人に与えられるということは、どんなに素晴らしいことだろう。

マルセロは「神様に演奏させてもらっている」と言う。

そして人として優しい。matsumonicaさんもマルセロも本当に寛大で優しい人たち。

あの空間と時間と音と色をありがとう。(あとワインにもありがとう!)

素晴らしいアーティストほど、「自分が」と言う気持ちがなくピュアで謙虚だなと感じる。

ピュアだからこそ、どこかと繋がり、そこから生み出された形が見た人や聞いた人の心に響くのかもしれない。

20日は壁画を担当させていただいた、Jelly Nailさんのコンセプトショップのオープングパーティーへお邪魔させていただきました。

こちらの会社の方が元モデルさんということもあり、モデルさんやその業界のような方などなど、

目が眩むような美しい人やゴージャスな方々ばかり。キラーん。

「女の子って楽しいな」とそんな気持ちを思い出させてくれるような時間でした。

壁画だけでなく、手書き文字を興してカッティングシートのデータ作成というお仕事もあり、物量的にはやりごたえ十分。

これも本当に楽しくてアドレナリン出しながら描いておりました。

出来上がったものを見てみると、「あれ?これ全部私がやったのか?」なんて感じ。

しかし、実はこのお仕事…私史上で一番短期で仕上げた壁画のお仕事。

それもが出来たのも、お店のデザインを担当しているマネージャーのTさんのおかげです。

ご自分の好きなものをわかっている方なので、話が早い早い!決めることも即決してくれたので、ラフをその場で描いて、見せてGO!という。

そして、とても魅力的で可愛らしい人でした★
「人に恵まれてんねん。みんなのおかげやねん」

そうやって周りに感謝している人だからこそ、みんなも彼女を助けたくなる、そんな方でした。

そして、その彼女の上司も奥様も心が綺麗の綺麗何だろうな〜と、人を暖かくさせる笑顔の持ち主でした!

マネージャーの彼女はしばらく代官山のお店にいますよ!エネルギーをもらえるパワースポットのよう人ですゾゥ。

…多分私の今後の絵描き人生を振り返った時に、この二つの事柄(ライブペンティングとこの壁画のお仕事)は時期も重なったのもあるけど、1つのターニングポイントになるだろうな〜と。

まだあまり上手く言葉には出来ないけど、きっと絵にはできる。

私は絵描きだから、それで十分。

日々目の前にあることに感謝、感謝を持って目の前のものを見る。

そして、出会う人々とそこで起きる化学反応に感謝。

なんて思っていもそれが中々出来ないのよね〜、プンスカすることも多いし〜。

だから良いも悪いも日々学びと勉強ドエス。

喜怒哀楽万歳!

 

 

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。